☆終生勉強☆

禁煙してわかったこと。

友A「なぁ、キヨシ。禁煙続いてるみたいだけどタバコ吸いたくならないの??」

キヨシ「あぁ。それな。まぁ、あんまり考えないようにしてる」

友B「本当は今でも吸いたくなるんだろ?無理はカラダに毒だぜ??」

キヨシ「ふぅ、何言ってんだ。

吸いてーーーに決まってんだろ。」

 

こんにちはキヨシです。

禁煙生活続いています。

今回は禁煙してわかったことを書いていきます。

結論→明日死ぬなら今すぐタバコを吸うね。

今すぐコンビニ行ってセブンスター買って吸うね。実際ね。

キヨシとタバコのなれそめ。

キヨシは大学2年生の冬にはじめてタバコを吸ったんだ。

理由は当時好きだった女の子に告白して振られたのが原因でさ。

タバコの存在は知っていたが「百害あって一利なし」という言葉も同時に知っていたので、

タバコに手を出そうとは思っていなかったんだ。

タバコを吸っている友人からは、気分が落ち着く、気持ちをリセットできる、

頭がスッキリするなどなどのメリットを口々に言っていたが、単純に煙がクサかったので

回避していたよ。

しかし、女の子に振られた衝撃は非常に大きく、精神的に相当不安定に陥ってしまったため

喫煙者たちが口々に言っていた甘い言葉を思い出し、深夜のコンビニにタバコを買いに行っ

てしまった。 そのまま、泣きながら荒川の河川敷でマールボアイスブラストを吸ったのが

始まりでした。

キヨシタバコ経歴。

当時の喫煙者を学校では「ヤニーズ」と呼んでいた。

ヤニ=タバコの別称 とジャニーズを掛け合わせた単語だよっ。

マールボロアイスブラストは最初の一箱だけで

現メビウスの旧称マイルドセブン、赤丸ことマールボロ、セッターことセブンスター

アメスピことアメリカンスピリット、などなどいろいろなタバコを吸った結果

セブンスターに落ち着いた。このまま6年間ほどセブンスターを吸う事になる。

アイコスの登場

服がクサくなる、部屋がクサいなど非難ゴウゴウの中新商品のアイコスに移行したよ。

匂いが少ない、有害物質が少ないとの宣伝文句に乗っかりアイコスにいこうしました。

最初のウチはセキが止まらなかったが、慣れるとむしろ紙巻タバコが気持ち悪くて吸えない

とい現象がおきました。

アイコスはアイコスで「オシッコの匂い」「ウサギの匂い」「ネコの匂い」と人それぞれ表

現はちがうけれど、紙巻きたばこの匂いと比べると格段に少ないです。

確かに、車で吸っても、家で吸っても、匂いはほとんど残らないので、掃除の面倒さを除け

ば非常に重宝してました。

それでもタバコを吸わない人からしたら、クサイのには変わりないのですが。

タバコは習慣です。

朝起きて顔を洗って歯を磨く

夜寝る前にはお風呂に入って歯を磨く

これと、同じようにタバコは生活習慣に取り込まれています。

これを脱却するのが一番大変でした。

朝歯磨きした後にタバコ

会社の最寄り駅を降りたらタバコ

会社についたらタバコ

10時にタバコ

営業車に乗って出発したらタバコ

取引先に着く直前でタバコ

取引先を出てすぐタバコ

昼めし食べたらタバコ

帰社したらタバコ

17時にタバコ

帰り道、電車に乗る前にタバコ

自宅最寄駅でタバコ

夕食の前にタバコ

夕食後にタバコ

風呂上がりにタバコ

寝る前にタバコ

コーヒーといえばタバコ。

二郎と言えばタバコ。

麻雀中はずっとタバコ。

4箱は持って。携帯充電器も持参してアイコス充電しながらタバコ吸ってました。

○○と言えばタバコ。そんなコトばっかりです。

 

もう、

タバコタバコタバコタバコタバコタバコタバコタバコタバコタバコタバコタバコタバコタバコタバコタバコタバコタバコタバコタバコタバコタバコタバコタバコタバコタバコタバコタバコ

何かするたびにタバコ。一生の内どのくらいの時間をタバコ様についやすんだと。

禁煙最初の内は無意識にタバコを探したり、無意識にコンビニでタバコを買いに行ったり。

本当にたいへんでした。

 

タバコを吸いたいと思うたびに。

キヨシはタバコをやめました。と一回一回自分に言い聞かせました。

何度も何度も自分に言い聞かせているうち今現在に至りました。

それにもかかわらず、吸いたいな~~という感情は消えません。

ニコチンへの依存は非常に大きなものだったと痛感する日々です。

いつか、余命宣告がされるその日までキヨシは禁煙しようと思います。

 

禁煙したメリット

深呼吸が出来るようになった。

奥方からの目線が少しあたたかくなった。

 

それだけ。

 

 

おわりっ。