☆終生勉強☆

[Think clearly☆シンククリアリー]あなたの悩みの90%は実は不要

今回も ロルフ・ドベリの[Think clearly☆シンククリアリー]についてのお話だよ。

このままコロナウイルスによる影響が長引いたどうなるんだろう。

地球温暖化は???株式市場は???天国に行けるかな???

こんなの心配してもなんにもならない。ただ眠れなくなるだけだよ。

その他大勢の私たちが心配したところで何も変わらない。

私たちにできることはせいぜい改革を行うだけの能力がある人が出てきた時に

足を引っ張らないようにするくらいしかできない。

どーーーもキヨシです。

突然ブラックな感じでしたけど、今回は「不要な心配事を避けよう」というテーマです。

結論

不安に時間を使うのはやめよう

 

「不安感」は生態系にも寿命にも影響を与えるよ。

恒常的な不安感は慢性的なストレスにつながり、私たちの寿命にまで影響をあたえるよ。

という事実を裏付ける実証結果がスズメで確認されました。

しかも慢性的な不安を抱えてしまうと、間違った決断をしやすくするばかりか、病気になっ

てしまうこともある。

 

おまけにくよくよ悩むのは、本当の問題から気を逸らすための人間お得意の逃げ道でもある。

 

わけのわからない悩みが浮かんで来たら何かから自分が逃げているのだと考えましょう。

 

そんな事を言ってもやはり「不安」は尽きないので

「不安」に対する3つの具体的な対処法を挙げます。

1.「私の心配事メモ」というタイトルをつけたメモ帳を1冊用意しよう。

そして、1日10分と時間を決めて気にかかっている心配事をメモに書き込む。

気になることはとにかく全て書き込もう。そうすると、その日の残りの時間は、ある程度心配ごととは無縁でいられるはず。心配事はきちんと記録されていて、ただほったらかしにされているわけではないと、あなたの脳が認識するからだ。

2.「保険」をかけよう

保険の真価は、損害が発生した時の金銭的な補償にあるのではなく。保険の有効期間は心配事を減らせるという点にある。

3.「仕事」に精神を集中させよう

仕事への精神集中や仕事で得られる満足感は、瞑想よりもずっと不安の抑制に効果的だ。

仕事ほど気をそらせられるものは他にはなかなか見当たらない。

これらの3つの対処法をとれば、あなたの人生が悩み知らずになる可能性は確実に高くなる

つまり、よい人生を手にするチャンスが大きくなるよ。

今日はおしまいっ。

 

結論

不安に時間を使うのはやめよう