☆終生勉強☆

【居場所を探して】いつかの大晦日@チャイエスにて

もう何年前だろう。 キヨシは大晦日にガキ使の笑ってはいけない○○を見ていた。

 

 

え??どこで??チャイエスだよ!!!

 

ちなみに、下の画像はアオザイである。

 

チャイエスが分からない人に説明すると。 マッサージ屋さんだよ。

チャイニーズ+エステ 略してチャイエス

大晦日行く当てもなくさまよってた。母には変なプライドからカッコつけて友達と遊んでくるわ!!!とか言ってさ。本当は友達なんてほとんどいないのに。

繁華街をブラついても大晦日の夜にほとんど人出はないし寒さが身に染みた。

そんな中、中年の中国人女性に声を掛けられた。

オニサン マサージドウ??  客引きである。

 

普段なら無視してスルーするところだが、その日は誰かと一緒にいたくて客引きに応じた。

お金を払いマッサージを受けた後。オネーサンに言われた。

アンタ イクトコナイナラ ユックリシテキナ。 ココアッタカイ テレビモアル。

 

もの凄く嬉しかった。 あー。 ひょんなところに居場所があった。

ガキ使を見ながら、ナゾのお茶や食べ物を飲み食いした。

キレイでも広くもなかったけれど、確かにそこはキヨシの居場所だった。

気付いたら寝ていて元日の朝になっていた。

起きてお別れを言って帰路についた。

 

地元の駅に着くと魔法がとけて現実に戻った気がした。

でも、確かに財布からマッサージ代金が消えている。

ん?あれ??

現実だった。

1カ月後、客引きのチャイエスに行こうとしたが見つからなかった。

場所が間違っていたのか、移転したのか。

今となってはよくわからないが。

ひと冬の鮮明な思い出だった。

 

居場所は自分で作っていくものだと感じた。

家や職場に居場所がないのは、人間関係に向き合っていない結果。

居場所がないなら作ればいい。トコトン話し合って作ればいい。

意地を張らずに、余計なプライドは捨てて、謙虚に向き合えばいい。

20歳ソコソコの経験が33歳の私の中でいきている。

ありがとう、名も知らないチャイエスのオネー様方。

でも、最後に一つ言いたい。

 

財布から2万円パクったよね???

でもありがとう。

またね