☆終生勉強☆

トラウマを否定せよ~嫌われる勇気を~読んで。2 ※不幸でいたい人は読まないで

不幸でいたいなら、どうぞトラウマを背負っていて下さい。

幸せになる道があるのに、あえてトラウマを背負うならどうぞ背負って下さい。

そうまでして不幸になりたい人を止める手段はありません。

あなたが幸せになれないのは、あなたが幸せになろうとしてないからだよ。

幸せになろうとしない人を幸せにすることは誰にもできないよ。

何でもは知らないわよ、知ってることだけ。

こんにちは、キヨシです。

今回は、トラウマを抱えていてそのトラウマが足を引っ張っていて人生がつまらない。そん

なふうに考えている人にむけて、アドラー心理学の本「嫌われる勇気」を読んでその成果を

皆さんと共有していけたらと思います。

 

結論→トラウマを言い訳として使っている。

 

って書くと、「トラウマをバカにするな」とか「心に傷を負ってるのに何てこというの?」

人でなし、オニ、

などなど、誹謗中傷がたくさん来ると思います。ですが、一度心を空っぽにして下さい。

キヨシももちろんそうですが、皆さんは何らかのトラウマ、(トラウマとまではいかないも

のの)大なり小なり悩みを抱えていると思います。

例えば、誰かから暴力を振るわれて他人を信じることができない、

親が離婚した家庭で育ってきたから、結婚ひいては異性との付き合いに引け目を感じてい

る。もっと、言えばこんな私を受け入れてくれる社会なんて存在しない。と思っている方い

ると思います。

つまり、「わたしは、○○だから○○できない」

と多くの人が心の中にそういった考え方を持っていると思います。だからといってこのまま

ではいいのでしょうか?

この、不幸じみた人生でいいのでしょうか?

キヨシはいやでした。

 

じゃあ、どうするのか?っていうと、心理学者のアドラーが考え方を教えてくれました。

 

今回は以下の2つを共有していきましょう。

「トラウマは存在しない」

 

「トラウマは存在」しないという件ですが、例えば、私が結婚に前向けになれないのは、常

に夫婦喧嘩が絶えない家庭にそ育ち、遂には離婚してしまうような家庭環境だったからだ。

と考えたとしましょう。

これは、なんの解決にもなってない考え方ですこれを「原因論」と名前をつけます。

もっと身近な例を話すと、あなたは風邪を引いて病院に行きました。すると医者から「昨

日、寝るときに布団をかけずに寝たから風邪をひきましたね。」とだけ言われて診察は終わ

りました。

え!?

薬は?注射は?何か医療的な処置をしてと思うはずです。

私たちが欲しいのは、「風邪を引いた現実」に対する処置が欲しいのです。

 

結婚の話に置き換えると

あなたは、ひどい家庭環境に育ったから結婚したくないのでしょう??

そうよ、家庭環境が悪かったのよ。うん、うん。わかるは、辛かったのね。

お気づきの通り、なんの解決にもなっていません。

じゃあ、解決するにはどうしたらいい??

「今の自分」が今後の人生を決める。

その処置を考えるのが「目的論」です。これは、2つめの「今の自分」が今後の人生を

決めるにつながります。

アドラーは過去の経験や影響は強いが、それによって未来まで決定されるわけではない、私

たちは、過去の経験に「どのような意味を与えるか」によって、自らの生を決定している。

と。

 

じぶんの人生をどう生きるかを選ぶのは「今の自分」なのだと。結婚の例では、「結婚

したくないから、過去の家庭環境を言い訳として持ち出して

る」という事になります。「過去に何があったか?」ということではなく「どう解釈

し、どう生きていこうか」を考えましょう。

そうすることによって過去にとらわれた人生をから一歩踏み出し、新しい自分、過去と向き

合った自分になり、幸せになる勇気を持つことができます。一歩踏み出し、過去と向き合い

ましょう。

サクラ画像

またねっ。

承認欲求をすてよ~嫌われる勇気を~読んで。3 ※不幸でいたい人は読まないで「自分の人生は自分の為に生きようよ」 こんなにも、俺は頑張っているのに何で誰も認めてくれないんだ。 俺は、頑張ってる...