☆終生勉強☆

「いま、ここ」を生きよう~嫌われる勇気を~読んで。5 ※不幸でいたい人は読まないで

今日を一生懸命生きないやつに明日を語る資格はねぇ。

こんにちは、キヨシです。

今回で~嫌われる勇気~シリーズは最後です。

ガッツリやっていきましょう。

 

結論→今を生きろ!!!

言い換えると「計画的な人生など、必要か不必要かという以前に不可能である。という考え

方を皆さんと共有していきたいと思います。

 

 

はじめます。

 

人生における最大のウソ

あなたは過去や未来を見ることで、自らに免罪符を与えようとしていませんか。

過去にどんなことがあったかなど、あなたの「いま、ここ」にはなんの関係もないし、

未来がどうであるかなど「いま、ここ」で考える問題ではありません。

 

この瞬間の「いま、ここ」を充実させる人生を送ることが重要です。

「いま、ここ」だけを真剣に生きるべきなのです。人生は連続する刹那であり、過去も未来

も存在しません。夢や目標もなくてもいい、「いま、ここ」を真剣に生きること。

 

しかし、深刻と真剣を履き違えてはいけません。

 

人生はいつもシンプルであり、深刻になるようなものではありません。

それぞれの刹那を真剣に生きていれば、深刻になる必要などないのです。

 

そして、人生における最大の嘘は【「いま、ここ」を生きないこ】です。

 

過去を見て、未来を見て、人生全体にうすらぼんやりした光をあてて、何か見えたつもりに

なることです。

あなたはこれまで「いま、ここ」から目を背け、ありもしない過去と未来ばかりに光を当て

てきました。

自分の人生に、かけがいのない刹那に、大いなる嘘をついてきました。

「いま、ここ」に過去も未来も見えない位の強烈なスポットライトを当ててきましたか?

「いま、ここ」に全力をむけられるか?自分にそれができるか?

 

 

それを決めるのは昨日でも明日でもない

「いま、ここ」です。

 

サクラ画像

以上で~嫌われる勇気~ アドラーのお話は終わりです。

みなさま、ありがとうございました。

 

あとは、おまけです。

 

~嫌われる勇気~を読んでこのブログでは全部紹介しきれなかったけど、キヨシ流に6つに

まとめたので、ヒマだった読んでください。

 

1.トラウマは存在しない。お話の一番のポイントは「人は変われる」という事です。カコのしがらみにとらわれず、今の自分と人生を楽しみましょう。「原因論」ではなく、「目的論」で物事を考えましょう。

2、自分の可能性という中で生きるのはやめよう。一歩踏み出し現実と直面する勇気を持とう。しかしながら、ライフスタイルの変更による先行きの不安を考えてみたり、一歩踏み出すのは、大変な決心と勇気を必要とします

3、人生の目標目標というのは、「行動目標①自立すること②社会と調和して暮らせること」この行動を支える心理面の目標が「心理面の目標①わたしには能力があるという意識②人々はわたしの仲間であるという意識」の為に「人生のタスク」と向き合おう。そのタスクとは(仕事・交友・愛)の三つです。

4、「課題の分離」を心掛けよう。他者の課題には介入しないようにしよう。しかし、これは、放任主義ではなくて、助けを求められたら全力で助けよう。

5、「ほめたり」「しかったり」縦の関係を構築するのはやめよう。しっかりと横の関係をもちありがとう=感謝。うれしい=よろこび を伝えよう。一番大事なのは、他者を「評価」しない事です。

6、「いま、ここ」を全力で生きよう。過去も未来も関係ない。過去も未来も見えなくなるくらい強烈なスポットライトを今にあてよう。「いま、ここ」に全力をむけられるか?自分にそれができるか?それを決めるのは昨日でも明日でもない「いま、ここ」です。